STYLE

毛先を厚めに残しつつ、表面には空気をたっぷり含ませて柔らか仕立てに。