STYLE

ストレートタッチの中で時折ほつれる毛束感がそこはかとなく愛おしい。